胃腸の負担が小さい、おかゆ

プチ断食の回復食というものは本当の意味での断食による回復食よりも、簡単なもので問題ありません。

ただ、なるべく胃腸の負担が小さい、おかゆや果物を入れたヨーグルトやグリーンスムージーなどのような消化吸収の楽なものであるとベターでしょう。量を少なめにすることも大切です。酵素は私達が日々、健康でいるために、絶対に必要なもので、消化や吸収、代謝や排泄などが働くようサポートするための超重要な役目があるのです。

実際、酵素が働いてくれないとわたしたち人は健康でいることができなくなるので、毎日継続して、摂るように心がけましょう。ファスティングをしている最中に、頭が痛くなることがあります。ファスティングが軽い低血糖を引き起こすために起きることだそうです。酵素ジュースあるいは野菜ジュースなどのドリンクを飲めば、血糖値が上昇して頭痛が治ることでしょう。もし、酵素ジュースなどを摂ってしばらく体を横にしていても頭痛が治らないようなら、ファスティングは中止されたほうがいいです。酵素ダイエットで必要な酵素というのは、生ものの食材に多く含有しています。そんな酵素ですが、高温で熱くすると、酵素は死ぬので、注意が必要となってきます。ナマのまま食べるのがベストですが、加熱が必須となる場合は低温を保ってさっと仕上げていきましょう。ちょっと前まではダイエットと聞けば脂肪燃焼系、もしくはカロリーカット系ばかりでしたが、近頃では酵素ドリンクが赤丸急上昇中でしよね。でも、酵素ドリンクには何を成分としているかほとんどが分かりづらいです。製造方法もしっかりと明記されていると飲んでも心配いらないのになぁと思っちゃいます。

酵素ドリンクを飲むと、食物が消化するのが早くなるような感じがするのです。酵素ドリンクを飲んでない時と比べたりすると酵素ドリンクの消化酵素のせいなのか、胃に対する負担が少なくなっているように思うのです。酵素ドリンクの消化酵素のパワーが感じられます。酵素ドリンクの健康へのききめは、近頃になって広く知られるようになりました。それによって、酵素ドリンク商品が増加傾向にあります。多くの会社から発想を凝らした酵素ドリンクが販売されているので、味や健康効果など自分のお気に入りの商品を試してみると良いでしょう。寺院でプチ断食をするというツアーがあって、友人と一緒に挑戦してきました。食べ物を断つとはいってもいっさい何も食べないわけではなくて、玄米のおかゆ(薄めたもの)とか、質素なイメージの食事が出ました。体験した結果、やせただけでなくて、驚いたことに頑固な吹き出物が改善しました。

酵素ドリンクは自身で作ることもできるのです。旬の果物を利用すると飲みやすく美味しいです。梨やバナナなどの果物には酵素がたくさん含まれているので、火を通さずにそのままミキサーやジューサーを使ってジュースにするだけで簡単に酵素の摂取が可能でしょう。人気のある酵素ダイエットは国内で沢山の人間がトライしているそうです。酵素ダイエット終了後は、回復食に気を配ることが大事です。というのも、回復食の内容によって、酵素ダイエットが成功するか否かが決まるからです。胃腸に優しいメニューが回復食には向いているので、そこを意識しておけば、安心でしょう。